« 2017年9月 | トップページ

2017年10月

2017年10月27日 (金)

第276号 母親介護

母親の腕を支えながら歩いてくる男性がいる。知り合いのマイノだ。何かを話しかけながら、ゆっくりゆっくりと母親のテンポに合わせて歩いてくる。彼の母親は病に倒れ今自力では歩くことができない。話しかけに対する反応も子供にすらほとんど理解できないようだ。
そんな母親の介護を昼間に受け持つのがマイノである。他に姉妹が何人かいるのだが、彼女らは働いている。日本では、少しの例外を除けば、介護を引き受けるのは女性で、男は外に働きに出るものだとほぼ相場が決まっている。マイノールの場合は逆だ。なぜ彼が母親の面倒をみているのかと理由を尋ねると、家の外はもちろんのこと、家の中にも段差が多く、彼女を支えるには相当の力がいるので、女性陣には無理だとのことだった。でもそれは日本でも同じなんだがなー。

マイノールの例がグアテマラでは一般的であるのかどうかはわからない。でも、彼らとの会話から判断するに、それがとりわけ特殊な例であるようにも見えない。

男女の役割分担は別にして、この国では年寄りや障害者の面倒は各家庭でするのが一般的なようだ。他に世話をしてくれるものがいないからということだけではなく、家族というものの絆の強さに起因するのだろう。こんな時、大家族であるということは心強い。

10年以上も前に、アンティグアにある老人ホームにしばらく通ったこたがあった。老人ホームに入っている人は、身寄りが全くないか、あるいは何らかの理由で家族から捨てられた人がほとんどであった。だから彼らには家族の面会はほとんどなかった。昔の日本もそうであったように、施設というのはグアテマラではまだ特殊な場であるという印象だ。

そんな特殊な例を除けば、年寄りも障害者も家族が最後まで気負いなく看る。嫁一人に負担がかかるということもないようだ。僕が知る限り、グアテマラは今の所そんな国だ。変わって欲しくない点である。

深く関わったことはなく表面だけしか見ていない僕の印象と感想である。知らないところで壮絶な家庭内バトルが繰り広げられているのかもしれないが。

2017年10月 6日 (金)

第275号 どうすりゃいいの

ドミンガは笑顔が可愛くシャキシャキとした娘だった。初めて会った時は、まだ11歳か12歳くらいだっただろうか。家が貧しくて学校は中退していたが、利発そうな子だった。5年も前の話だ。
友人の話によると、いまではあの頃の可愛さは微塵もなく、家にも寄り付かない荒んだ生活をしているという。

さらに、初めて会った時は、イガクリ頭の大きな目をした子供だったドミンガの弟だが、彼も何処かの安い家を借り、恋人と同棲をしているという。歳はまだ13・4だろうか。
二人とも、食うに困らぬ収入なぞあるはずもなく、安定した生活なぞ望むべくもない。一杯15円ほどのきつい密造酒に溺れ道端に寝転ぶ彼らの将来を想像してしまう。

まだまだ若いというか、まだ子供なのに、彼らはなぜいまのような生き方を選んでしまったのか。5年前のあの笑顔を思い出すとやるせない。

理由は色々あるのだろう。幾つもの不運が重なってしまったのかもしれない。その理由のイチイチはわからないが、僕の考える問題点はこれだ。

イシル地方概観
まず簡単にイシル地方についておさらいしておく。
グアテマラの西部高原地帯の一角に位置する。クチュマタン山脈に囲まれた山間にあり、海抜1700mから1800m程度のところに位置し、比較的寒冷多雨の地域である。ネバフ、チャフル、コツァルの3集落からなりイシル三角地帯と呼ばれるが、それぞれの集落への行き来は車で30分から40分かかる。ほとんどの人は自家用車など無縁であり、孤立した3集落の集まりと言って良い。言語はイシル語で、人口は約10万人と言われている。コツァルには大規模なコーヒー農場があるが、コーヒー収穫時の臨時出稼ぎ雇用を除き、地元との関わりはほとんどなく、その他に産業と呼ばれるほどのものはない。


問題一 仕事がない
兎にも角にも仕事がない。コツァルで特に知識身技術も持たぬ男性がありつける仕事といえば、道路工事や家を建てる際の作業員くらいのものではないか。あとは、山の斜面を耕したわずかばかりの畑仕事と、山からの薪運びだろうか。村内では仕事にありつけないため、現金収入を求めて、トウモロコシやサトウキビやコーヒー豆の収穫のための季節労働へと赴かざるを得ない。労働条件はいずれも過酷で賃金は安い。しかも年中あるわけではない。

女性の現状はもっと厳しい。家事のみだと言ってもいい。暇さえあれば織物をしている人は多いが、これが収入に結びつくわけではない。イシル地方最大の町であるネバフにはお手伝いさんや店員などの仕事はあるが、これも限りがある。

では、思い切ってもっと大きな他の街に移り住んだらどうだろう。
しかし、資金もなく特別な技術もなく頼る人もない身で生まれ故郷を飛び出すにはかなりの勇気がいる。
さらにもっと大きな障害として言葉の問題がある。

問題ニ スペイン語が話せない
グアテマラの公用語はスペイン語である。一方、イシル地方の言語はイシル語である。この地方で生まれた人の母語はイシル語であり、日常会話は全てイシル語で行われる。だから、公用語としてのスペイン語を身につけるためには、特別の教育を受ける必要がある。その教育を受ける場所は学校だ。しかし、義務教育である学校に行かない、あるいは行けない人が圧倒的に多いのだ。

もう一つ言葉の問題としてややこしいのは、グアテマラという狭い国の中に(日本で言うと、北海道と四国を合わせたくらいの国土面積)22だか23だかの言語が存在していることだ。しかもそれらは、日本語の方言の範囲をはるかに超え、互いの言語による意思疎通ができないという。

ということは、ちょっと離れた場所に行けば、同じグアテマラ人同士であっても、あるいはマヤ人同士であっても、スペイン語を仲介としてしか言葉が通じないということだ。イシルなどの局地言語だと会話できる相手はさらに限られる。イシルはキチェ県の一地方なのだが、県都であるキチェ市に行けばもう言葉が通じないのだ。

金はない、知人はいない、教育は受けていない、おまけに言葉も通じないとなれば簡単に移住はできない。

では何故学校教育を受けないのだろう?

問題三 教育の不在
イシル地方のコツァルで中学校を卒業にこぎつけるのは入学時の約20%ではないかという話を聞いた。20%という数字の正確さはともかく、学校中退者の多さは間違いないようだ。何故?

親の無理解と貧困
学校に行くにはそれなりに金がかかる…その費用が親にとっては負担になる。自身も学校には行ってなく教育に理解のない親は結構いる。貧しい彼らにとって、余分?の費用を出して学校に行かせるより、山に行って薪をとったり、公園で靴磨きでもして、少しでも稼いでもらう方がありがたい。親の無理解と並行して、子供労働を必要とする貧困の問題がある。

落第制度の問題
親の理解無理解に関わらず、子供達は新しい環境である学校に期待する。しかし、その期待と意欲も長くは続かない。その理由の一つに小学生であっても落第するという制度の問題がある。できない子はいつまでたっても、一年生で2年生になれない。十分な予習復習ができる環境にない子供達にはこの制度がかなりストレスになり、結局嫌になって学校から足が遠のく。

教師の問題
教育の裾野が狭い環境では、優秀な教師も育たない。指導技術を持たない教師が多いのだという。これは極端な例だとは思うが、足し算の前に掛け算を教えようとする教師の話を昔アンティグアで聞いた。この授業で、この先生は一体何を教えようとしているのだろうかと授業参観しながら僕自身が疑問に思ったたこともある。でも、それで解らなかったら落第。


土地はない、仕事はない、教育も受けていない、仕事を求めて他の地への移住もできない。どこに希望を繋げばいいのだろう。何の夢をもてと説得すればいいのだろう。彼らが思い描けるのは、彼らの親と同じ生活でしかないにちがいない。かくして、冒頭のドミンガやその弟のような生活をせざるを得ない若者は後を絶たない。
どこにも行き場のない閉塞状態なのだ。この負の連鎖を断ち切るために奮闘している人も僅かながらいる。僕の知人もその一人なのだが、正直疲れて諦め気味だ。

今回は暗い話になってしまった。
Image_2


« 2017年9月 | トップページ

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31