« 第275号 どうすりゃいいの | トップページ

2017年10月27日 (金)

第276号 母親介護

母親の腕を支えながら歩いてくる男性がいる。知り合いのマイノだ。何かを話しかけながら、ゆっくりゆっくりと母親のテンポに合わせて歩いてくる。彼の母親は病に倒れ今自力では歩くことができない。話しかけに対する反応も子供にすらほとんど理解できないようだ。
そんな母親の介護を昼間に受け持つのがマイノである。他に姉妹が何人かいるのだが、彼女らは働いている。日本では、少しの例外を除けば、介護を引き受けるのは女性で、男は外に働きに出るものだとほぼ相場が決まっている。マイノールの場合は逆だ。なぜ彼が母親の面倒をみているのかと理由を尋ねると、家の外はもちろんのこと、家の中にも段差が多く、彼女を支えるには相当の力がいるので、女性陣には無理だとのことだった。でもそれは日本でも同じなんだがなー。

マイノールの例がグアテマラでは一般的であるのかどうかはわからない。でも、彼らとの会話から判断するに、それがとりわけ特殊な例であるようにも見えない。

男女の役割分担は別にして、この国では年寄りや障害者の面倒は各家庭でするのが一般的なようだ。他に世話をしてくれるものがいないからということだけではなく、家族というものの絆の強さに起因するのだろう。こんな時、大家族であるということは心強い。

10年以上も前に、アンティグアにある老人ホームにしばらく通ったこたがあった。老人ホームに入っている人は、身寄りが全くないか、あるいは何らかの理由で家族から捨てられた人がほとんどであった。だから彼らには家族の面会はほとんどなかった。昔の日本もそうであったように、施設というのはグアテマラではまだ特殊な場であるという印象だ。

そんな特殊な例を除けば、年寄りも障害者も家族が最後まで気負いなく看る。嫁一人に負担がかかるということもないようだ。僕が知る限り、グアテマラは今の所そんな国だ。変わって欲しくない点である。

深く関わったことはなく表面だけしか見ていない僕の印象と感想である。知らないところで壮絶な家庭内バトルが繰り広げられているのかもしれないが。

« 第275号 どうすりゃいいの | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432627/72070087

この記事へのトラックバック一覧です: 第276号 母親介護:

« 第275号 どうすりゃいいの | トップページ

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31