« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月21日 (月)

第272号 犬も自由にどうぞ

ここらでは、そこで飼われているわけではない犬たちがかなり自由に店の中外を出入りする。見つければ追い出す店もあれば素知らぬ顔で犬の好きにさせている店もある。犬好きには結構な話であるが、動物嫌いにはたまらないだろう。しかし、生まれた時からこれだけ犬と近い生活をしていたら、犬嫌いはいないのかもしれないのかもしれない。どうなんだろう。

何故そんなに自由に出入りできるのか考えていたら、今更ながら気がついた。入口に戸がないのだ。食堂にも、雑貨屋にも、薬局にも、土産物売り場にも、どこにも戸がない。ドアをギーと開けて中に入る必要がない。だから犬も自由に出入りできる。

だから店では閉店の時戸締りをすると言うよりは直接シャッターを下ろす。ドアがあるとすれば銀行くらいかな。ここにはほぼドアがある。ドアのない銀行も一つ二つは思いあたるが、そんな場合は小銃を抱えたガードマンが2人くらい前に立っている。まあ、ドアはあっても銃を持ったガードマンは必ずいるのだが。あとアンティグアなどのホテルにはドアがあることが多いが、この場合は個人の家と一緒で、中に入る時はいちいち中から開けてもらわねばならならず、自由に出入りはできない。そういえば、Macのグアテマラ版ともいうべきポジョカンペーロは、僕が知る限りでは、いつもドアがしまっていて、やっぱりピストルを持った警備員が開け閉めしてくれる。他のレストランはそんなことないのに、何故ポジョカンペーロだけがそうしているのかは謎である。

ま、どうと言うことはないことだけどちょっとした日本との違いでした。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30