« 第269号 バスと物売りと伝道師 | トップページ | 第271号 シェラ »

2017年7月18日 (火)

第270号 宿とシャワー水の温度考

イシル地方との関わりができて13年ほどになるが、ホテルでも個人の家でもまだ、暖か〜いと感じるシャワーを浴びたことがない。もちろん高級そうなホテルに泊まったことはないから、僕の泊まれる安宿での話である。
宿に入り部屋を見た後でシャワーに温水が出るかどうか聞いた。若いお姉ちゃんがこともなげに、出るよといった。素直にその言葉を信じ、湯が出ることを確かめずに宿をそこに決めた。

コツァルの夜は結構寒い。体を温めようとシャワーの栓をひねる。ノブは一つしかない。一つのノブをうまく調節することでお湯の温度を変える仕組みなのだが、うん?温度が上がらない。ノブを慎重に慎重にすこーしづつ回しながら様子をみるが、いっこうにお湯にならない。

そのうち、わずかに冷たくないはない程度の水になったが、それ以上にはならない。手をかざせば、冷たくはない程度だから、頭からかぶればたまらない。きっと震えるだろう。シャワーは諦めて顔だけ洗って寝た。

あくる日に、その旨話すと、今日の夜の8時から8時半の間なら間違いなくお湯が出ると言う。昨日は少し電源が足りなかったのだと、わけのわからないことをいった。8時になるのを待ちわびて、またシャワーの栓をひねった。やっぱり水だ。粘っていると、そのうち、昨日よりはもう少しだけ暖かい水に変わった。思い切って服を脱ぎシャワーを浴びた。うー、冷たい。体を洗っていたら風邪をひくに違いない。早々に諦め服を着た。

あくる日も同じだった。翌々日はネバフのホテルに移った。そこではもう少しお湯だった。しかし体を温めるには程遠い温度だった。

毎年訪れる知人の家には今年新たにシャワーが設置されていた。もちろん水シャワーだ。僕には冷たくて水シャワーなぞ絶対に浴びたくはないが、ここらの人には水が普通なのだと思う。家の外の水道で髪を洗っている人の姿はよく見かける。シャワーがあるだけ贅沢というものだろう。

だから、ほんの少し温かみはあるが、僕にとっては水という範疇に入るこの液体は、現地の人にとってはお湯なのではなかろうかと今思う。お湯が出ないと言う僕の問いに対して、8時から8時半の間なら出ると答えたその真意はよくわからないが、決して嘘をついていた訳ではないのだろうと思う。湯は出るはずなのにこの客は何をいっているんだとと思われていたのかもしれない。
勝手な想像である。

尚、以前に何回か書いたが、イシル地方にはチュと呼ばれるマヤ式サウナがほとんどの家庭にある。これは冷えた体を温めるには、もう最高だ。その設備を備えたホテルもあるが、安宿にはない。

Image

イシル地方で撮ったシャワーの写真がないため、これは別の場所での写真である。この形式のシャワーは水圧もあり十分なお湯が出る。


« 第269号 バスと物売りと伝道師 | トップページ | 第271号 シェラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432627/71175204

この記事へのトラックバック一覧です: 第270号 宿とシャワー水の温度考:

« 第269号 バスと物売りと伝道師 | トップページ | 第271号 シェラ »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31