« 第268号 乗合バス | トップページ | 第270号 宿とシャワー水の温度考 »

2017年7月11日 (火)

第269号 バスと物売りと伝道師

バスに乗っていると乗客以外にいろいろな人が乗り込んでくる。一番多いのは、飲食物を売る人たち。ちょっと大きな停留所に着くとバスは5分か10分くらいは停車することが多い。止まった途端売り子たちがドット乗り込んでくる。トルティージャやタマルといった食べ物の他、果物・キャンディ・ガムやピーナツ・フライドポテト・飲物と多彩である。

食べ物以外に時計やボールペンなどを売りに来る人もいる。ものもらいもやってくる。これは、手足に障害を抱えた人が多い。その他、薬売りも多い。これは長々と口上を述べた後、座席を回ってくる。どれも皆結構売れているから、不思議といえば不思議だ。

お金とは関係ないが、キリスト教の説教師もよくやってくる。静かに語り始め、やがて手を振り上げながら声がだんだん大きくなり、終いには絶叫調になる場合が多い。運転手と宗旨が合わぬこともあるのだろうか、説教中に運転手が音楽のボリュームを上げて、説教が聞こえなくなるという場面に出くわしたこともある。逆に説教が終わると大きな拍手が起こり、バス全体の雰囲気が何となく高揚するということもあった。

バスの中も面白い。座り心地が良ければ申し分ないのだが…
Image


« 第268号 乗合バス | トップページ | 第270号 宿とシャワー水の温度考 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432627/71111519

この記事へのトラックバック一覧です: 第269号 バスと物売りと伝道師:

« 第268号 乗合バス | トップページ | 第270号 宿とシャワー水の温度考 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31