« 第266号 ある旅行者 | トップページ | 第268号 乗合バス »

2017年6月 6日 (火)

第267号 コツァルの墓

これは一昨年の11月のことだ。
ぶらぶらと歩いてコツァルの墓地に行った。死者の日の名残の少し枯れかけた花が目立った。ここにはあまり大きな墓はないが、先日訪れたパナハッチェルの墓地に比べると、とてもゆったりしている。

隣り町のネバフには、恐らく内戦犠牲者のためのものだと思われる粗末な十字架だけの墓もたくさんあったが、同じようなものはここでは見当たらない。

入り口から100m程歩いた正面に十字架を掲げた建物があり、中奥には煙で燻し出されたような十字架などがたくさん転がっていた。以前同じような光景をネバフで見たことがある。マヤのシャーマンに関係する場所に違いない。中には祈りを捧げている人がおり写真を撮るのがはばかられた。

建物の外では子供達が凧上げをし、コマを回して遊んでいた。まるで日本の正月の光景だ。しばらく一緒に遊んだ。凧上げをするのは何十年ぶりだろうか。

こちらも結構楽しんだ後、じゃもう帰るよというと、一番大きな子が小さい子に、お金をくれと言って来いとそそのかしている。小さな子が金をねだってまとわりついてきた。
せっかく楽しい気持ちで帰ろうとしていたのに急に興ざめし、嫌ーな気分になった。
こんなことで嫌な気分になるのだから、まだまだ人間ができてない。
Image


« 第266号 ある旅行者 | トップページ | 第268号 乗合バス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432627/70779046

この記事へのトラックバック一覧です: 第267号 コツァルの墓:

« 第266号 ある旅行者 | トップページ | 第268号 乗合バス »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31