« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月29日 (月)

第266号 ある旅行者

初老のアメリカ人らしき男性が、町の土産物売りと思しき母子をレストランに呼び入れ、盛んに何か話をしている。母子の足元には、彼女らの売り物である民芸品が風呂敷に包まれた状態で、ドカンと置いてある。彼はビールを飲んでいる。彼女たちにはピザを注文した。コーヒーとオルチャータという飲み物もきた。どうも男性は母子のうちの子供の方から片言のスペイン語を習っているようだ。

そんな様子を見て、3ー4人の売り子たちが寄って来て珍しそうに、また羨ましそうに覗き込んでいる。やがて、その男が新たに来た女の子たちに腹がへっているかどうか聞いた。女の子たちは大きな声でシー(はい!)と答えた。彼は彼女らのためにもピザを注文した。ピザが来ると、皆嬉しそうに、しかし静かに食べていた。

そんな彼らの様子を見ながら、僕は、自分のところに来る売り手たちには、「いらないよ」を繰り返し、一人で食事をほおばった。
Image
写真と文は関係ありません


2017年5月22日 (月)

第265号 大道薬売り

道や広場で大勢の人が集まり丸い輪ができていたら、大概物売りだ。中でも薬売りが圧倒的に多い。

今日もキチェの公園前で人の輪を見つけた。生の木の葉を幾つか地面に並べ、弁舌爽やかに口上を述べている。今回は塗り薬売りらしい。

恐らく世の東西を問わずだと思うが、売り手は誠に口の滑りがいい。僕がが子供の頃は、お祭りなどでこんな光景をよくみた。嘘八百の口上に騙されて幾つかものを買った記憶もある。

目の前で売られている薬が如何なるものかはわからないが、結構よく売れている。年がら年中お祭りだ、という雰囲気のこの場所にはよく似合う光景ではある。
Image


2017年5月13日 (土)

第264号 マゲイの季節

写真は、コツァルの市場の横の坂道での光景だ。長さ50センチ程度のマゲイ(リュウゼツラン)の繊維の束を肩にかけた女性が、器用に繊維を繋ぎながら糸を伸ばしていく。一方では他の女性がグルグルと繋がった繊維を機械で回している。もう一人女性が紐を引っ張っているのだが、この人の役割は何かよくわからない。が、とにかく、一人が繊維をつなぎ、もう一人がそれをうまく回しながらよりこんでいくことで、見る見るうちにマゲイの紐ができあがっていく。こんな光景をコツァルのあちこちで見かけた。端と端は50m以上に及ぶこともある。ほとんど全ては、この紐をより合わせたハンモックに変わるのだそうだ。ペドロの家にもこのマゲイのハンモックが二つかかっていた。
マゲイとはリュウゼツランのことで、その強い強い繊維を利用していろいろなものに加工されていたようだ。メキシコ南部での栽培が盛んで、化学繊維ができるまでは、用途が広くこれで財をなした人も多かったと聞く。今は昔日の面影はなく、ほそぼそとハンモックや目の荒いバッグになる程度かな。リュウゼツランの葉が紐になる過程は大変なものだと思うが、きっと安値で買い叩かれるのだろうな。
この季節にこの地に来るのは久しぶりなのだが、マゲイをなう光景は何回も見た記憶がある。マゲイの季節と表題に書いたが、別にこの季節に限ったことではないのかもしれない。
Image


2017年5月 5日 (金)

第263号 リシュー

知り合いのリシューが昨年再婚していた。もう6ー7年も前になるだろうか。元ヤクザだった彼女の前夫はヤクザ同士の内紛に巻き込まれ射殺された。その時妊娠していた彼女は心痛が重なり流産した。流産後の体調が優れず、というかかなり悪く、しばらく入院していた。退院はしたが、体調が回復したからではなく経済的理由からだった。その頃の彼女は痩せ細り、いかにも弱々しい感じだった。長くはないのではないかと思ったほどだ。
その彼女がすっかり元気になり再婚した。教会で立派な結婚式もあげたという。表情も明るい。その彼女の夫は今コーヒー摘みの出稼ぎに出かけているという。普段は山に行って、少しばかりの畑を耕したり、マキ作りをしているとのことだ。それだけでは生活できず、出稼ぎに出かけているらしいが、コーヒー摘みの出稼ぎ報酬が絶望的に安いことは何度も聞いている。それでも出かけざるを得ないリシューの夫を思い、リシューのことを思う。多くをとは言わない。日々の食事に困ることなく、将来子供ができた時の教育費くらいの現金収入があり、出稼ぎに出かける必要もなく家族が一緒に生活できる日のくることを望んでやまない。
男も女もこの地では仕事がない。それが問題だ。コツァルでの話である。
Image
こんな田舎町のどこに?と思うけどマラスと呼ばれるチンピラ集団が複数いたようだ。今はすっかり影を潜めているらしいが、それも軍隊が常駐して睨みを聞かせているからだと言う。マラスは困るけど、軍隊による治安維持にも不安を抱く住民も少なからずいるらしい。

« 2017年4月 | トップページ

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31