« 2016年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月28日 (金)

第262号 地鶏のスープ

今日の昼はカルド デ ガジーナ(鶏のスープ)だと、昨日ペドロから言われていた。午前中僕がコツァル町をウロウロしている間に、ペドロの母は市場に鶏を買いに行き、それをさばいてスープを作っていたに違いない。市場に行けばブロイラーのさばいた肉はいくらでも売っているが、なぜか地鶏は生きたままで売買される。何かことあれば地鶏のスープを作るのは一般的なのだが、日常食ではなく、いわば晴れの食物で、誕生日などのお祝いの時によく出てくる。生きたままを買ってきて直前にさばく。だから、この辺りでは小さな子供も鶏のさばき方をちゃんと心得ている。今日は、ひょっとすると、日本からの客のために作ってくれたのかもしれない。そう思うとありがたい。肉の他に人参・キャベツ・チャーテー(隼人瓜)が入っている。味は何故かコンソメ風で日本人好みの味付けだ。肉は少し固いけど味が深く実にうまい。入っている肉の量も僕の皿が断然多かったような気がする。

地鶏肉の値段だが、1ポンド(約450g)あたり500円程度するらしい。決して安い値段ではない。ちなみに、ブロイラーだと、同じ重量で、180円程度だという。
Image_2
鶏の写真がなかったので豚で代用? これは、チチカステナンゴウの豚の市の写真

2017年4月18日 (火)

第261号 食堂はどこだ

前回はコツァルの宿について書いた。今回は食堂だ。宿同様に食堂もコツァルでは入ったことがなかった。いつも何処かの家でごちそうになっており、食堂に入る必要がなかったからだ。どこに食堂があるのかも知らなかった。今回、コツァル訪問13年目にして始めて食堂を探した。数は極めて少ないようだ。本当はもう少しはあるのだろうが、町の中心部で僕が探した限りでは4箇所しか見つけられなかった。しかも、外からみてここが食堂だとわかる場所はほとんどない。というか、一つもない。どこも中はくらい。メニュー表などはもちろんない。聞けば今日あるものを口早に教えてくれるが、大抵は何回か聞き返さなければ理解できない。メニューの数も極めて限られている。
コツァルにはこれといった観光資源はない。何処かの企業があるわけでもない。大きなコーヒー農園が一つ有るが、コツァルの町とはほとんど関係なく、コーヒー園関係者がコツァルに金を落とすこともないようだ。要するに外部の人がやってくる環境ではないわけだ。よそ者などはほとんどいない。だから皆食事は基本的には家でとる。食堂を利用する人がいたとしても、それはだいたい,警察官であったり、家が遠くて食事時間に家に帰れない人などの地域内の人々だ。当然食堂は少ないし、ここが食堂であると外部に向かって強く主張する必要もない。従って看板もない。そういうことのようだ。
10ケツァルから15ケツァルと値段は極めて安いのだが、ここで一人で食べる食事は限りなくわびしい。
Image
中に入ると,こんなところが食堂だったりする。ここは違うけどね。

2017年4月13日 (木)

第260号 コツァルの宿

コツァルへはほぼ毎年行くが、まだ宿に泊まったことはない。泊まる時は何時もペドロの家に寄せてもらう。でなければ隣の町のネバフに宿をとりそこから毎日コツァルに通う。というのもこれまでずっとコツァルには宿は一つしかなく、しかもその宿は汚いと思い込んでいたからだ。もう10年以上も前にちらっと聞いた情報をそのまま信じ続けていた。同じような規模の隣町のチャフルには幾つも宿があるのに、なぜコツァルには宿がないのか不思議だった。
今回(これは2015年の話)改めてペドロに聞いてみると、コツァルにも宿は5つか6つはあると言う。わざわざ金を出して宿に泊まるならなぜうちに来ないと誘われたが、今回は宿に泊まることにした。ここがいいだろうとペドロに勧められた宿は、きれいだった。部屋も広いし、値段は50ケツァルと安い。その宿に即決である。一番高い宿の値段は100ケツァルだそうだ。えー、こんな田舎で100ケツもする宿があるのと驚いたが、よくよく計算してみれば、日本円にして1500円ほどだからさほど驚くこともないか。
50ケツァルの宿はしかしお湯が出なかった。申し訳程度のお湯しかでなかったと言うべきか。想像以上に寒くて、ほとんど水状態のシャワーを浴びるわけにはいかなかった。この時期のコツァルは久しぶりだったため、夜の寒さはとうに忘れていたが、念のためにと持ってきていた長袖シャツとパッチが役立った。体を丸めて寝た。朝はさらに寒かった。羽毛ジャケットを取り出してはおった。そんなに寒いにもかかわらず、あるいは寒かったからこそ、ノミかダニかは知らぬが僕の肌に接触を試みたようだ。
明くる日から激しい痒さにみまわれた。
100ケルァルの宿に泊まったわけではないので比較はできないが、安いと思った50ケツァルにはそれなりの理由はあった。しかし、宿の問題点ではなく、今回はコツァルにも幾つかの宿はあるのだという報告である。

Image


2017年4月 8日 (土)

メルセイ教会は泣いている。

去年の2月からブログを更新していない。グアテマラでの出来事を思い出しながら、時系列無視の独断的グアテマラ記を再開しよう。

写真は、アンティグアのラ・メルセイ教会である。いく体もの聖人像がみえる。
だが、聖人像の一つ一つを見るとなんだかあちこちが薄汚れている。さらに目を凝らすと,何と汚れの原因はハトの糞だ。聖人の体に向けて,とりわけ顔に向けて糞をするな。掃除するたって簡単にはいかないんだからね。なんと罰当たりな平和の使者どもであることか。Image


Image_2


« 2016年2月 | トップページ | 2017年5月 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31