« 2016年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2016年2月

2016年2月 2日 (火)

第258号 チチカステナンゴ

11月1日の使者の日にチチカステナンゴの市へ行った。どえらい人出で前に進むのも難しい。死者の日の墓参りのための花を買いに来た人とチチカステナンゴの守護神の引越し?の日の人出とが重なったのが理由らしい。教会前では、プロと思しき楽団が大音響で演奏会もしている。キリストやマリア像を乗せた山車を背負いプロセシオンと呼ばれる行列が厳かに通って行く。 教会の階段から見ていた僕の周りからスーッと人がいなくなったと思ったら、すぐ横で花火がドンと大きな音を立てて上がった。耳にビーンと響いた。少年が直径15センチ程の円筒を抱えてウロウロしている。次の花火を打ち上げる場所を探しているのだ。筒をおくと、火のついた花火が中に放り込まれ勢いよく打ち上げられるというわけだ。これだけの人ごみの中で、日本では絶対にあり得ない光景である。 もうわけが分からない程混沌としていて面白い。が、疲れる。民芸品屋のおじさんが、スリに気をつけろと真顔で心配してくれた。 人混みを避けて、屋台店ではない店に入った。綺麗なバッグが並んでいる。通りの喧騒をよそに店内は静かだ。店の主人が出てきて日本人かと聞く。そうだと答えると、チチカカという店を知っているかとたたみかけて来る。チチカカといえば中南米の服飾を中心に売っている店だ。高知にも店舗がある。何年か前まではチチカカから時々買い付けに来ていたのだそうだ。あまり買い叩くので最近はもう取引をしていないということだった。思わぬところで日本と繋がった。 チチカステナンゴは行く度に、ただ歩いているだけで何か新しく面白いものに出くわす。何か新しい品物を見つけようと目を凝らせば、もうこれは切りが無い。



Cimg2238


Cimg2233_2


Cimg1848

« 2016年1月 | トップページ | 2017年4月 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30