« ハロウィン | トップページ | 第254号 路上のジュース屋さん »

2015年12月29日 (火)

第253号 バスと子供

ソロラからロスエンクエントロスに向かうバスの中でのことだ。10歳か11歳くらいと思しき女の子が両親とともに乗り込んできた。バスはそう混んではいないが、かといってガラガラでもない。両親は座席に座ったが、少女は父親の座席横に立っている。しばらくすると、多数の乗客が下車し、バスはガラガラになった。少女は父親のいる場所から移動し、誰もいない座席横に行ったが、依然として立ったままだ。時々両親の顔を見て微笑むが座る様子はない。そんな状態がしばらく続いたが、やがて母親の顔を見ながら、少しはにかんだように笑い、思い切った様子で席に腰を下ろした。
この国では、子供のバス料金は大人が同伴の場合は何人でも無料だ。その代わり、料金を払わない子供は座席に座ることは許されない。かといって、ガラガラのバスで座ったからといって誰も責めはしない。だからといって、堂々とは座らない少女の仕草が可愛かった。

写真は本文と関係ありません。

Image_2


« ハロウィン | トップページ | 第254号 路上のジュース屋さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432627/63207797

この記事へのトラックバック一覧です: 第253号 バスと子供:

« ハロウィン | トップページ | 第254号 路上のジュース屋さん »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31