« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月29日 (木)

第247号 墓参り

以前、アンティグアにいる時はいつも宿泊していたホームステイ先の主人カロリーナはなかなか個性の強い人だった。時々は対立もし、こんなところへ2度と泊まるかと思ったこともあったが、本当にお世話になった。そのカロリーナが突然亡くなって早8年になる。
コロナと呼ばれる人造の花輪を市場で買い、今回も墓参りをしてきた。自分の両親の墓参りは滅多にしないが、カロリーナの墓前には毎年顔を出す。広大な面積の市営?墓地にほとんど人影はなく、サナーテと呼ばれるカラスに似た鳥の鳴き声だけが響いていた。
もうすぐ死者の日がやってくる。その時は、この墓場も多くの人で埋め尽くされるに違いない。いったい何人の人がカロリーナの墓前を訪れてくれるのだろうか。合掌。

Image


2015年10月25日 (日)

いざグアテマラへ

10月20日午前10時15分高知空港発
16時45分成田発 20日14時前にヒューストン着。
ヒューストン空港の入国審査場はとても混み合っていた。
昨年も同じルートでグアテマラに行った。その時は、飛行機の遅れもあって乗り換え時間は1時間15分しかなかったが、スムーズに余裕を持って乗り換えることができた。今回はグアテマラ行きの出発までには5時間以上もあり、気持ちの焦りはなかったが、それにしても時間がかかった。昨年との違いは、外国便乗り換え者専用の入国審査コーナーがなくなっていたことだ。あのコーナーのおかげでどんなにスムーズに乗り換えられたことか。そして今回なぜなくなったのか理解に苦しむ。もう一つ問題は、入国のために並ぶ長蛇の列を管理する職員の少なさだ。何か訴えようにも職員の顔が見当たらぬ。帰国便は、やはりこのヒューストンを経由するのだが、乗り換え時間は1時間半ほどしかない。少し焦って走らねばならぬだろう。少しでも時間を稼ぐために、グアテマラ発の帰りの便の座席を飛行機の前方に早速変えねばならぬ。空席があればいいが。

グアテマラ空港には日本を出発したのと同じ20日の午後9時過ぎに着いた。家を出てから26時間の道のりだった。いやー、疲れた。さらにタクシーで今晩の宿アンティグアに向かう。所要時間約40分。
ホテルの部屋は予約時の内容とは少し違って、パティオに面しておらず3階だった。その代わりというわけでもあるまいが、部屋が二つあり、ダブルベッドが三つもある。最も高級ホテルのスイーツとはかなり趣を異にすることは言を待たぬが。ちなみに、宿泊代金は一泊約4千円である。この代金には22%の税金が含まれている。
とにかくその日は疲れていた。お湯の温度と水圧だけは確かめたが、シャワーも浴びずそのまま寝た。

Image


2015年10月16日 (金)

グアテマラに行ってきます。

去年の7月の初旬に帰ってきてから約1年半ぶりにグアテマラに行ってきます。10月の20日に出発予定です。7月は、直前に痔が発覚しドタキャンになったのですが、今回は大丈夫でしょう。滞在は1ヶ月半の予定です。
去年の帰国後、グアテマラでは火山の大爆発があったり、大洪水があったり、大統領が逮捕されたりとの本でも新聞に掲載されるような大きな出来事があったのですが、さて現在はどんな状況なのでしょうか。
しばらく休んでいた本ブログも再開します。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31