« 第132号 アルコール依存症対策 | トップページ | 第134号 土産物店(パナ) »

2013年1月27日 (日)

第133号 イシル地方の衣装

イシルにはネバフ・チャフル・コツァルの3地方があり、その地域を線で結べばきれいな3角形になることから別名イシル・トリアングロ(三角地帯)と呼ばれている。今回は、その3地方の服装を紹介する。地方によって色やデザインなど少しずつ変わるが、どこも、ウイピルという上着には鳥の模様が織りこまれている。ウイピルは、織物で女性によって作られる。コルテと呼ばれるスカートは足織り機で作られ、こちらは男性の仕事だということだ。
男性の伝統的な衣装ももちろんある。ネバフではこれを着た人をちらほらと見かけるが、こちらは、年々少なくなってきている。

 男性
これはネバフの男性衣装。下には白のズボンをはく。腰帯もなかなか素敵だ。赤と白の目立つ服装のため、内戦中は狙撃の的になりやすかったとか。

 
ネバフ
シンタと呼ばれる頭帯は普段は若い人はあまりしない。右の女性は赤ん坊をおぶっている。おぶっているのはスーテと呼ばれる万能布だ。左の女性が肩にかけているのもスーテ。
コルテと呼ばれるスカート。赤・エンジがほとんど。

 チャフル
ウイピルの鳥の模様が大きい。頭にはこのような毛糸で作られた球状の飾りがある。 コルテ(スカート)は色模様がネバフとよく似ている。チャフルのピアスは特徴があり、耳の穴に通す部分は糸だ。

コツァル


コツァルではシンタ(頭帯)はあまり見かけない スカート(コルテ)は日本の絣みたいな感じだ。

« 第132号 アルコール依存症対策 | トップページ | 第134号 土産物店(パナ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432627/48986022

この記事へのトラックバック一覧です: 第133号 イシル地方の衣装:

« 第132号 アルコール依存症対策 | トップページ | 第134号 土産物店(パナ) »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31