« 第104号 アティトゥラン湖の水位 | トップページ | 第106号 トウモロコシ »

2012年7月15日 (日)

第105号 バスの車掌の仕事


グアテマラの車が増えた、そしてきれいになった。でも、まだまだ個人で自家用車を持つのはほんの一握りの人たちである。

車を持たない人の移動手段はバスだ。荷物も全部バスで運ぶ。個人的な日常品の売り買いならその量もしれたものかもしれぬが、市場へ出す品物を運ぶのも、小売店が買い出しに行くのもすべてバスを使うから、その荷物の量はすごい。

果物もある、野菜もある、鶏などの生き物もいる。薪もある。自転車もある。もちろん車内には入りきらないから、屋根を利用することになる。

その荷物の上げ下げを担当するのは車掌である。ときには本当に苦しそうに顔をしかめながら、肩に荷物を背負い、バスの階段を屋根へと上がっていく。もちろん途中で落ちたりしないようにきちんと固定しなければならぬ。

そして、またすごいのは、誰がどの荷物を預けたかを把握しており、その人が下車する前に、まだ走っているバスの屋根に後ろの扉を開けて登り、バスの停止とともに荷物をきちんと引き渡すことだ。その記憶力と体力は称賛に値する。少々荒っぽいのはこの際許そう。

« 第104号 アティトゥラン湖の水位 | トップページ | 第106号 トウモロコシ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432627/46331429

この記事へのトラックバック一覧です: 第105号 バスの車掌の仕事:

« 第104号 アティトゥラン湖の水位 | トップページ | 第106号 トウモロコシ »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31