« 第97号 競馬 | トップページ | 第99号 グアテマラ雑貨販売 »

2012年5月27日 (日)

第98号 トドス・サントスを守る人たち

妹の子守をする少女。彼女は写真を撮ってと言ったが、恥ずかしがって隠れた子もいる。


トドス・サントスではいろいろな過去の記録などを見聞きした。先ずは、先回書いた競馬や死者の日などを扱った現在の行事と生活記録。アメリカ人のジャーナリストが製作したというトドスサントスの戦前と戦後を扱った二つのドキュメンタリー。ノーベル賞を受賞したリゴベルタ・メンチュウの語りによる戦争時の様子のビデオ。村の小さな博物館の館長によるトドスサントスの出稼ぎの変遷の講義などだ。

 これらの映像や講義を通して、トドスサントスがどのようなところなのか、過去の習慣文化がいかに変容していったのか、あるいはさせられていったのか、破壊されていったのかがよくわかる。

 グアテマラの村をきちんと調べたわけではないが、このように自分の村の過去を残し未来につなげて行こうとするような試みはそのほかの地では見たことがない。スペイン語学校がそのようなビデオや講義を公開し残す大きな力になっているようだ。まだまだ一部の人たちの活動・努力だが、その一部の人たちのトドスサントスの伝統文化を大切に残していきたいという気持ちが強く感じられる。以前のブログにも書いたが、ラジオ放送を通じて現地のマム語で情報を伝えて行こうとする熱心な試みにもそのことは読み取れる。

 

 村の中心部からホームステイをしていた家に帰る途中の高台に遺跡がある。こんもりした古墳を思わせる小さな盛り土の上に木が植わっているだけで、何の標識があるわけでもなく、見ただけでこれを遺跡と理解するのは難しい。正面に大きな十字架が2本立っている。そのうちの1本は、内戦時に軍によって殺された人たちの慰霊の十字架だという。

 そんな悲しい思い出も秘めた遺跡なのだが、その遺跡あたりから見るトドス・サントスの町は美しい。標高2500メートルのこの村の、さらに高台に位置するこの場からは、しばしば雲が眼下に見える。あたりの家家の庭にはリンゴがたわわに実をつけている。ウイピルと呼ばれるきれいな民族衣装をつけた女性たちがとおっていく。絵のような風景だ。日本の旅行案内書「地球を歩く」の中米編にはこの村を桃源郷と書いてあった。何をもって桃源郷と書いてあるのかは知らぬが、少なくとも景色に関していえば桃源郷と表現しても大げさではない。

 この絵の様な美しい景色とともに、この地の文化が伝承され発展してくことを乞い希う。

« 第97号 競馬 | トップページ | 第99号 グアテマラ雑貨販売 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

1997年に3ヶ月ほど、トドスサントスに滞在した者です。
記事を懐かしい気持ちで読ませていただきました。
スペイン語学校の先生たち、織物を教えてくれた女の子たちも、元気でいるといいです。
日本人観光客殺害の事件を聞いたときはとても悲しかったです。
当時よりはちょっと上手くなった(?)スペイン語で、ぜひ再訪したいです。

ほとんど読み手のないブログをお読みくださってありがとうございます。3ヶ月間もトドス・サントスにおられたとは、勝手な想像ですが、きっと織物を勉強しに行かれたんでしょうね。基本的には1週間に一度ブログを発信しています。また覗いてみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432627/45425520

この記事へのトラックバック一覧です: 第98号 トドス・サントスを守る人たち:

« 第97号 競馬 | トップページ | 第99号 グアテマラ雑貨販売 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31