« 第96号 留置場 | トップページ | 第98号 トドス・サントスを守る人たち »

2012年5月19日 (土)

第97号 競馬

トドス・サントスの名物の一つに競馬がある。絵葉書にもなっていて,その絵ハガキは、グアテマラ中の観光地でよく見かける。開催は毎年11月2日だ。この日は多くの人でこの町は埋め尽くされるという。早くから予約してないと、宿が取れないそうだ。

 スペイン語学校の先生と、馬が走りまわるという場所を歩いた。何も競技場があるわけではない。いつもは生活道である道幅3メートル以下のでこぼこ道が会場だ。こんな場所であの有名な競馬が行われるとは信じられない。

 11月に当地に居たことはないから、実際にこの目で見たことはないのだが、スペイン語学校で、そのビデオを見た。人々がどのように準備をし、期待をし、この日を迎えるのか、当日の様子はいかなるものか詳細な記録だった。生活記録としてもとても面白い。

さて11月2日当日、各家々には親せき縁者をはじめとするたくさんの訪問客でごった返している。朝から宴会が始まる。大会が始まるころは皆へべれけだ。訪問客だけではなく、馬に乗る人本人もへべれけだ。

 大会が始まる。酔っ払って馬に乗れない人もいる。なんとか乗りはしたが、途中でずりこけてしまう人もいる。出発の笛が鳴る。一斉にスタートだ。騎手は必死の形相で馬の腹をける。道の両脇の鈴なり状態の見物客からはヤンヤの声援だ。しかし走る馬と見物客の距離があまりにも近い。あれでは毎年多くのけが人が出るに違いない。

 しかし、けが人はともかく、このレースはなんだか変だ。片道500mくらいだろうか。何回も同じ馬が、同じ人が行ったり来たり走り回っている。ゴールはいつだ?

どうもゴールはないようだ。競馬と思っていたが、速さを競うのではないという。速さだけでなく、競うものは何もない。馬に乗り、一日中延々と続く、村を挙げての単なる走りっこらしい。

 単なる走りっこに何故、乗る方も見る方も皆あれだけ興奮する? 僕にはどうもよく理解できない。前にも何かの時書いた記憶があるのだが、面白さ、楽しさの概念がどうも違うようだ。でも間違いなく、村人たちはこの日を待ちわび、楽しんでいる。

 尚、前日の11月1日は「死者の日」というグアテマラの主要な祭日だ。この日は、皆墓地に集まり、墓地の上で飲めや歌えの大騒ぎである。スペイン語教師の話によれば、トドスサントスでは、この「死者の日」の主役は女性であり、あくる日の競馬?の主役は男性だという。いずれにせよ、二日続けてばか騒ぎのできるとても大切なお祭り日には違いない。

« 第96号 留置場 | トップページ | 第98号 トドス・サントスを守る人たち »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432627/45319649

この記事へのトラックバック一覧です: 第97号 競馬:

« 第96号 留置場 | トップページ | 第98号 トドス・サントスを守る人たち »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31